プロバイダー選びと通信障害対策

インターネットプロバイダーはデータの送受信を主に行っている管理会社であり、安定した通信を実現するには品質の高い会社と契約する事がポイントになってくるでしょう。一般的に混雑時や落雷を始めとした悪天候時を除き、通信障害が頻繁に起こる例は少ない傾向にありますが、通信経路上のサーバーや回線がトラブルを起こしている際には遅延や切断といった症状を生じる危険性が考えられます。

 

 

特に安定性の低いプロバイダーの場合は通信障害の頻度が高まる他、復旧までに時間を要するパターンもあるので十分な下調べを行ってから契約しましょう。プロバイダーによってはベストエフォート型と呼ばれる通信方式を採用しているところも存在し、これらは混雑時において周囲の通信情報量が増加すると速度そのものも同時に低下する性質を持っています。

 

 

よって、通信速度の低下が快適性を損ねるような用途の場合には、ベストエフォート型以外のプロバイダーと契約するのが理想的な選択です。また、どのようなプロバイダーを選択しても基本的に通信障害が完全に防げるわけではない為、どうしても常時接続を必要とする環境下である場合はコストがかかる方法ですが、リスク分散を目的とした複数のプロバイダーと契約しておき、通信障害時の予備回線を準備しておくのも良いでしょう。

 

 

ただし、注意点として地域全域に対して通信障害が起こっている状況など、障害の規模によっては複数のプロバイダーが影響を受けてしまう可能性も考慮しなければなりません。